活動

はだしのゲンをひろめる会第9回総会 開催報告

コロナ禍 ゲンも渡航自粛 普及方法を話し合う

 NPO法人はだしのゲンをひろめる会の第9回総会が、5月30日、石川県保険医協会会議室で開催されました。昨年はコロナのため「書面決議」となりましたが、十分な感染対策がとれるようになった今年は、2年ぶりに顔を合わせての開催。再会を喜び合いながらの議事進行となりました。

 ひろめる会は、事業の柱に、漫画『はだしのゲン』の英語版『Barefoot Gen』の国内外への普及を掲げていますが、コロナの影響はこのような活動にも影響を及ぼしました。原水禁世界大会・国際会議がオンライン開催になったため、海外代表の来日がなく、寄贈先に頭を抱えることになったのです。しかし、いつまでも『ゲン』を書庫に閉じ込めておくわけにはいきません。寄贈先を国内で探すことを決め、立命館大学国際平和ミュージアムを介して入手した『世界における平和のための博物館』を資料に、2020年度は国内への寄贈に力を入れたこと等が報告されました。また、次年度も引き続き、平和博物館を中心とした国内への寄贈に取り組むこと等を確認しました。

 さて、第9回目を迎えた今回の総会は、会にとって大きな節目となりました。というのも、2012年12月の会結成から理事長を務めてこられた浅妻南海江さんが退任されることになったためです。浅妻さんは退任の挨拶で次のように語りました。「『ゲン』に関わり始めた26~7年前、モンゴルの子どもたちが草原で『ゲン』を読む姿や、アメリカの子どもたちが手から手に『ゲン』を読み継ぐ様子を夢見た。ひろめる会ができたことで、『ゲン』を広げる仲間が増えたことがとても良かった。感無量です。」

 浅妻さんから理事長を引き継ぐことになった白﨑良明さんは、閉会の挨拶で、「コロナ禍で『ゲン』をどう広げていけるかも課題。会員を増やし、浅妻さんから引き継いだ役割をしっかり果たしていきたい」と、決意を語りました。

 現在、正会員41人、賛助会員26人です。全国組織にもかかわらず、会員の少なさに驚かれるひろめる会です。改めて、皆さんにもご支援を呼びかけます。被爆国・日本から平和のメッセージを携え、国内と世界中を駆け巡るゲンの旅を一緒に応援してください!

<注記> 会の事務所連絡先が変更しました。お問合せは下記までご連絡ください。

NPO法人はだしのゲンをひろめる会

〒920-0813 金沢市御所町1丁目56番地 神田方

電話/FAX 076-251-8644  Eメール iskw_kanda@doc-net.or.jp

 

 

 この程、東京都世田谷区の男性から所蔵されていた『はだしのゲン』(全10巻・汐文社)を1セット、本会に寄贈いただきました。寄贈された方からの問合せメールと送り状を紹介します。

(問合せメール)
 メッセージ本文:
  突然のご連絡、ご容赦くださいませ。私は広島県出身で現在は東京都内に住む会社員です。子供の頃は学校の教室に「はだしのゲン」が当然のように並んであり平和学習の教科書のような存在でした。 2016年のオバマ大統領の広島訪問を機に改めて平和への思いを強くし「はだしのゲン」を再読したいと思い購入しました。
 つきましては、もっと多くの方に読んでいただきたいと思い、寄贈先をインターネットで検索していたところ、貴法人の存在を知りました。 突然のご連絡で不躾ではございますが「はだしのゲン」を貴法人に寄贈させていただきたく存じますが、お引き受けいただく事は可能でしょうか? もしよろしければ、お送りさせていただきます。

(送り状)
 前略
 先日貴法人のHPから「はだしのゲン」寄贈の問合せをさせていただいたものです。
  この度は私の寄贈の申し出をご承諾いただき、誠にありがとうございました。早速ですが、私の「ゲン」をお送りさせていただきますのでご査収くださいませ。
  広島県に生まれ育ち、子供の頃は毎年平和学習を受けてきた私は、日本国内ですら原爆の惨状が充分に伝わっていないと感じています。この「はだしのゲン」が一人でも多くの方に読んでいただき、そして核兵器について考える一つの契機になることを願っております。
  何卒宜しくお願いします。

金沢百万石ロータリークラブの江守道子会長㊧から活動助成金を受け取りました    (11月5日、ホテル日航金沢)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 11月5日、ホテル日航金沢で金沢百万石ロータリークラブ主催のオープンロータリーが開催され、その席上でNPO法人はだしのゲンをひろめる会への活動助成金の贈呈式がありました。

 ゲンをひろめる会から西多理事、神田理事、小野事務局員が参加し、百万石ロータリークラブ2020-2021年度会長の江守道子さんから活動助成金(目録)を受け取ってきました。

*活動助成金は「はだしのゲン」英語版20セットの寄贈が可能な28万円です。例年のゲン寄贈実績は、英語版が20セット程ありますが、今年度はコロナ禍のため寄贈はゼロです。来年度以降の活動資金として有効活用したいと思います。

*ゲンをひろめる会に助成金を贈呈する経緯とロータリー活動の指針についてお話された江守会長のあいさつ文を紹介します。

金沢百万石ロータリークラブについて

                         2020-2021年度会長 江守道子

 今年度、私が所属するNPO法人「はだしのゲンをひろめる会」に百万石RCの補助金を頂くことになり、改めて会員皆様に深く感謝申し上げます。この会は原爆被害の実相と核兵器の非人道性を伝え、核兵器廃絶と世界平和への思いを継承していくため、作者・中沢啓治氏の広島での被ばくの実体験をもとにしたマンガ「はだしのゲン」を地元の小中学校をはじめ、世界の学校や図書館に寄付する事業です。まさに、国際RCの目指す世界平和構築への大きな力になると確信しています。

 また、今年度会長、ホルガ―・クナーク氏(ドイツ、ヘルツォークトウム・ラクエンブルク・メルン・ロータリークラブ所属)は、2020-2021年度会長テーマ「ロータリーは機会の扉を開く」を提唱し、「ロータリーは、クラブに入会するだけでなく〝無限の機会への招待〟であり、私たちのあらゆる活動が、どこかで誰かのために役立ち、人生や地域社会を豊かにするための道を開くことになる」と呼びかけました。

 私は、この呼びかけを聞き、改めてロータリー活動の倫理的指針4つのテストを思い浮かべました。変革の時代と言われる昨今、変わる勇気は大切ですが、いつの時代にもある不変のものの存在も大切です。

1.真実かどうか

2.みんなに公平か

3.好意と友情を深めるか

4.みんなのためになるかどうか

―― 4つのテストの答えは、私たち自身の中にあります。

 

 

『はだしのゲン』アラビア語版 全10巻が発刊しました

   キャンペーンの結果報告

<キャンペーンの呼びかけ文より>
 アラビア語版は、カイロ大学文学部日本語学科教授のマーヒル・エルシリビーニ氏を中心に制作しておりますが、2019年5月現在、第5巻までの発行にとどまっています(6巻はまもなく発行予定)。また、アラブ諸国は元来マンガ文化が希薄なこともあり、販売にも苦戦しており、第7巻以降の出版にも遅れが出ています。私たちは出版済みの5巻までを広く普及させ、続く巻の出版資金調達が円滑にいくよう顧い、アラビア語版の出版を担当しているエジプトのマハルーサ出版社への資金援助をさせていただきます。さらには、エジプト現地からアラブ諸国の子どもたちへの寄贈も検討しています。
<キャンペーンの参加団体>
 プロジェクト・ゲン、TO FUTURE、パワードラック、はだしのゲンをひろめる会
<キャンペーンの集約結果>
 『はだしのゲン』アラビア語版の発行・普及に向けた費用援助のため、寄付金への協力とキャンペーングッズ(Tシャツ&トートバッグ)の購入を呼びかけたところ、下記のように多くの支援金が集まりました。今回集まった支援金は11月初旬にプロジェクト・ゲンからマーヒル・エルシリビーニ氏に送金しました。この度の応援キャンペーンにご協力いただいた多くの皆様に感謝申し上げます。
  Tシャツ&トートバッグ販売  296枚+59個   524,296
  寄付金                      145,140
                                              合計  669,436 
<アラビア語版 第6巻から第10巻が発行された時期> 
第6巻 :  2019年5月     第7巻 :  2019年8月    第8巻 : 2019年10月   第9巻: 2020年1月   第10巻 : 2020年2月

  2020年2月5日 NPO法人はだしのゲンをひろめる会                  
 

英語版にメッセージを書き込む西本さん

ハノイ国家大学の代表者㊧に英語版を手渡す西本さん

 原水爆禁止日本協議会が昨年11月、核兵器禁止条約の早期発効の運動促進のため、ベトナム共和国を訪問した際に石川県原爆被災者友の会会長の西本多美子さんが被爆者のひとりとして参加しました。この機会を利用して、はだしのゲンをひろめる会は「はだしのゲン」英語版をベトナムに普及・寄贈するため、西本さんに英語版1セットとPRチラシ50枚を託しました。

 ベトナムのハノイ国家大学は、日本の東京大学に匹敵する大学です。西本さんはこの大学の大勢の学生の前で被爆証言をおこない、「はだしのゲン」英語版を寄贈していただきました。

 

 

届けアラブへ! ヒロシマの少年 ゲンの願い

キャンペーンの結果ご報告

 プロジェクト・ゲンが本年5月に呼びかけた『はだしのゲン』アラビア語版・応援キャンペーンは、エジプトで「はだしのゲン」アラビア語版の翻訳と出版(現在、1巻~7巻まで)に奮闘しているカイロ大学のマーヒル・エルシルビーニ教授を励まし、全10巻出版をめざすとともに、アラビア語圏の人々に広く読んで貰うよう学校や図書館などに寄贈して、核の恐ろしさ、平和の大切さをゲンを通して知ってもらおうというプロジェクトです。はだしのゲンをひろめる会もこのプロジェクトに協力しました。

 アラビア語版・応援キャンペーン(Tシャツ&トートバッグの販売)は予定通り、8月末をもちまして終了しました。下記の通り多くの支援金が集まりましたのでご報告します。

 Tシャツとトートバッグ販売  296枚+59個  ¥524,296

 寄付金                    ¥145,140

                                     合計       ¥669,436 

 プロジェクト・ゲンは、今回集まった支援金をマーヒル教授に送金し、アラビア語版の購入、アラブ諸国の学校や図書館などへの寄贈に充当していただきます。

 この度の応援キャンペーンにご協力いただいた多くの皆様に感謝申し上げます。

                   2019年10月18日

   NPO法人はだしのゲンをひろめる会

2019年 平和のパネル展 感想ノート

展示内容    「原爆と人間」パネル、はだしのゲン紙芝居、平和の子ら像、     国連・核廃絶デー記念企画/アーサー・ビナード講演会案内

開催期間   2019年8月2日(金)~16日(金)

開催場所   石川県庁19階展望ロビー

主    催        反核・平和おりづる市民のつどい実行委員会

事 務 局        石川県生活協同組合連合会

<8月3日>

〇戦争は絶対にしてはいけません。本日、広島・長崎の原爆被害の写真を拝見し、被害の悲惨さを改めて心に強く感じました。戦後74年、段々と戦争体験等が薄れていくので、このようなパネル写真を活用し、若年世代に戦争の悲惨さを継承した方が絶対必要です。

<8月6日>

〇施設の子ども達とともにとても写真にショックを受けていた様子。戦争の怖さを知ったようです。74年前の今日。

〇未来の世界の子どもたちの幸せのため、戦争の悲惨さを伝えていく義務を感じる。

<8月7日>

〇昨日の(平和祈念式典での)広島市長の話はよかった!

〇私の同期の通信兵が原爆にやられました。

<8月8日>

〇祈りを込めて鶴を折りました。核廃絶を願います。

〇父も母も川も燃えてる原爆忌

<8月9日>

〇今日は長崎に原爆が投下され、74年。核廃絶の思いを強く感じる一日。

〇はだしのゲンは子供の頃に見た(怖くて少ししか)記憶です。今日も少しドキドキして見させていただきました。平和は大事だとつくづく感じさせられました。自分がどれだけ幸せだということを感じさせられました。ありがとうございました。

〇8月の6+9は15だと・・・3、4年前にラジオ放送で聞いた詩で、孫に聞かせるおば

 (広島)(長崎)(終戦)

 あちゃんの悲鳴が胸を打ちます。原爆と戦争の悲惨な事実を決して繰り返してはなりません。使うものと被害を受ける人間がいることを見逃すわけにはいきません。今日はしばらくここにいようと思います。

<8月11日>

〇いつまでも平和でありますように。

〇子供の頃、息子が中学生の頃、はだしのゲンを見、心に残っています。今の不安な世界の情勢が平和に向かいますように。

今年も「平和マンガ」紹介コーナーを設けました

<8月13日>

〇原爆と人間の展示を見てヒロシマ・ナガサキの人達の受けた原爆の災害を改めて私自身の身に受け止めました。今年はヒロシマの日、8月6日にテレビを通して黙祷をいたしました。私たち自身毎日忘れていけないことを忘れてしまうことに申し訳なく思いました。これからも折りにふれて思い出し世界平和を心から祈ります。

〇一日も早く、日本が平和になってほしい。原子力発電がなくたって日本はやっていける。何故そのことに気づけないんだ。

〇原発反対!!

〇小学校の頃、中沢啓治先生の「はだしのゲン」を読んでスゴク、ショックでした。核兵器絶対反対です! 広島・長崎で亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

〇せんばづるがたくさんあった。

今年5月に制作したCD「平和の子らー石川発・被爆者の想いを歌いつなごう」

 

<ご案内>下記のアーサー・ビナード講演会について、詳しくは主催団体/核戦争を防止する石川医師の会HP(http://ippnw-ishikawa.jp/)をご覧ください。

国連・核兵器廃絶デー記念企画/アーサー・ビナード講演会 開催案内

原水爆禁止2019年世界大会・国際会議 参加報告 

核兵器廃絶へ共同と連帯

                    はだしのゲンをひろめる会  坂東弘美                           

 8月3日。 朝7時24分名古屋発ひかりで広島市文化交流会館に向かう。タクシーの運転手さんが「昔は岩国基地のアメリカ兵が来るぐらいだったのに、オバマさんが来てから、広島の外人観光客はドッと増えましたよ」と言っていたが、街には外国人観光客が多い。

 チラシA4 600枚(アラビア語支援日英語と寄贈申請書200×3)と、見本英語版1と2巻。広島国際センターに寄贈するアラビア語版1-5巻と中国語(繁体字)10巻は、一人で運ぶには相当の重さであったが、無事会場に到着。

 会場で資料は発言者の原稿のみ並べられるとのことで、急遽コンビニでコピーして、日・英100枚ずつの200枚を準備。寄贈受付チラシはロビーに置いた。出発前にリクエストのあった、広島国際センターの廣瀬さんとロビーで待ち合わせ、無事贈呈。とにかくゲンの漫画が目立つことだけ考え、募金箱も机の上。紐をつけて肩にかけ、常時投入歓迎体勢。

 1945年来、アメリカは、広島・長崎への原爆被害が世界に伝わることを恐れ、厳しい報道管制をおこなった。1954年のビキニ水爆被災事件をきっかけに、広島・長崎の被害、放射能による惨禍が知られたことを背景に、1955年8月、広島で第1回原水爆禁止世界大会が、翌56年には、長崎で第2回原水爆禁止世界大会が開かれた。以来連綿として世界大会が開催されてきた。今年のテーマは「核兵器廃絶へ共同と連帯の推進―反戦平和、原発、環境、人権、暮らしなど運動とともに」。

 

 今年の国際会議は 21ヶ国、86名、37団体の海外からの参加。2015年の報告では、20ヶ国147名。2017年は26か国260名となっているので、今年の参加は少ない方か。今年の全体の参加者は200名。核保有国も参加している。中国にも招待状は送っているが、返事が来ないそうだ。海外代表紹介。主催者と被爆者の挨拶。地球上には14500発の核兵器。国連で核兵器禁止条約を採択させるために奮闘しているオーストリア、キューバ、メキシコ、ベネズエラは政府代表が参加している。日本原水爆被害者団体協議会事務局次長の被爆者挨拶には会場が引き締まった。

 オーストリア 欧州統合外務省公使、核兵器・IAEA・CTBTO・NPT課長 ガルフオーファー氏挨拶。「わが国の憲法は核兵器を原子力とともに明確に禁止している。」の言葉を羨ましく思った。米国とロシアの非政府組織・運動・キャンペーンの共同声明は、ユーモラスに始まったが、「我々はそれぞれの政府が近年行なってきた危険で容認できない核脅迫を非難する。ロシアの場合、クリミアの事例であり、アメリカの場合はイランと北朝鮮である。ブレティン・オブ・ジ・アトミック・サイエンティスツの終末時計は零時2分前に設定された。」の発言に緊張する。質疑応答もとても活発でフレンドリーな雰囲気で進んだ。

 若い研究者や平和行進を続けている若者が、発言するのは頼もしい。(平和を教え、平和和を創ろう、フィリピン)国際青年リレー行進者のゲレーロ氏は写真家であり、アーティスト。ヨルダンの中近東大学プロジェクト「夾竹桃イニシアチブ」学術アドバイザー・国際資格コーディネーターのラージャさんのスピーチが心に残る。次世代を信じ、学生たちと色々な対話をしている。イスラエルが隣で、イランの核兵器。いつも恐怖心の中で暮らしている。米人議長が「私も米人として恐怖心を感じている」と発言。ベトナムでは今も枯葉剤で苦しんでいる。銀行の軍需産業への投資は代替案が必要。ヨーロッパには倫理的な信念を持っている銀行もある。憲法九条の大切さ、沖縄の県議会議員からの発言には何度も拍手が起きた。国際会議は様々な世界の問題があぶりだされる場だ。

 開会総会で発言する坂東弘美さん

 議長席に発言用紙に記入して申請すれば、誰でも発言できる。私は200人全員が参加している時間帯にうまく入れてもらえ、クルリと回ってTシャツのゲンの漫画を見てもらい、更に募金箱も高く掲げて、アラブ支援の呼びかけをする。議長が「はだしのゲンは強力なツールである」と、後を繋いでくれた。

 午後は分科会。私は「核兵器廃絶へ共同と連帯の推進–反戦平和、原発、人権、暮らしなど運動とともに」に参加。ここでも発言申請して、1990年に救援のためにチェルノブイリを訪問したことがきっかけで、浅妻さんと知り合い、彼女が「はだしのゲン」をロシア語に翻訳したこと、服部君事件でクリントン大統領に直接日米170万人の署名を手渡した話、日中戦争など、暴力で解決する根っこは同じであるという具体的な話をした。

分科会参加者と記念撮影

 ロシア、イランでクーデターを見てアメリカへ渡った女性、フィリピンもアメリカが私達の国に何をしたか…などと続き、日本の20歳の学生も「僕も話したくなった」と、皆次々とマイストーリーを語った。 沖縄も岩国基地の話も結局はアメリカ。

 8月5日の閉会総会。英語の見本の本を買いたいと言っていた人が2人いたので、金沢と連絡をとって、売るつもりで立ったけれど、現れない。というか、誰かと話していると、一人では対応が出来ないので、通過されてしまうのだ。やはり二人くらいの参加は必要だと思う。「僕もゲンって言うんです」と、30代の若者現る! 両親がゲンが好きで、この名前にしたと聞かされて育ったと言う。甲府の青年。

 広島の地元民間放送のTVは、広島・長崎の悲劇が繰り返される危険が、今以上に増大したことはない。来年はNPT発効から50年。核保有が五大国のみに認められている不平等性を厳しく問うた会議であったことを、参加者のインタビューを通して丁寧にレポートしていた。

 「国連憲章の平和原則を遵守し対話と外交によって問題を解決することを強く要求する。核兵器の非人道性を体験した日本は、アメリカの核の傘から離脱し、禁止条約を支持し、参加すべきである。被爆者の平均年齢は82歳を超えた。人間らしく生きようとするすべての人々とともに「核兵器のない平和で公正な世界」の実現のために力を尽くそう。

 会議では来年の核不拡散条約(NPT)再検討会議に「核兵器廃絶を求める世界の声を届けよう」と繰り返し訴えられ、署名が呼びかけられた。

 6日。広島市原爆死没者慰霊式並びに平和祈念式典に一般席で参加した。毎年首相の挨拶は矛盾の巣窟で虚しい。核兵器廃絶と毅然と言うべきは日本なのに。途中で雨が降り出し、遠くに右翼?の声が聞えるけれど、雨のせいか気にならなかった。平和記念公園内を歩きまわって日本語、英語のアラビア語版出版支援チラシを配る。

被爆証言のあと海外代表から折り鶴を受け取る西本多美子さん

 午後からは世界大会。年々大会の規模が小さくなっていて、今年の参加者は1300人と発表された。金沢の西本多美子さんが被爆者証言をする。いつも聞かせてもらっている4歳の時の体験だけど、何度聞いても涙が出そうになる。立派なスピーチだったが、年々被爆者は減っている。核兵器禁止条約の批准は急がねばならない。

 世界大会のフィナーレ。名簿を見ていて驚いた。名古屋工業大学のエサティエ先生が、「戦争を超えた世界 日本支部コーディネーター」として参加していた。名工大には、英語と中国語(繁体字)版を彼が入れてくれている。皆で「ウィシャルオーバーカム」を歌って終了した。

「広島 愛の川」を作曲した山本加津彦さんが演奏

 西本さんと彼女の親友の中島さんと合流。元安川で中澤ミサヨさんとも合流。主催者の作曲者である山本加津彦氏に挨拶して、中沢啓治作詞の「広島 愛の川」合唱を聴く。原爆ドーム対岸の親水テラス(とうろう流し会場)で開かれるようになって、今年で5回目だ。毎年こんな行事が行なわれていること、天国の中沢啓治さんに伝えたら、どんなにか喜ばれることだろう。ゲンよ、愛の川から世界へ羽ばたけ!

 

 

 

 NPO法人はだしのゲンをひろめる会も参加している反核・平和おりづる市民のつどい実行委員会は2005年から毎年8月に石川県庁19階展望ロビーで「原爆と人間展」を開催しています。

 今年の「原爆と人間展」は下記の要領で計画していますのでお知らせします。

チラシ_平和のパネル展2019

  NPO法人はだしのゲンをひろめる会も参加している反核・平和おりづる市民のつどい実行委員会が開催する「ピースディ2019」および「平和のパネル展」の開催案内チラシを紹介します。

 

はだしのゲン・紙芝居

出版物の紹介


はだしのゲン
『わたしの遺言』
 中沢啓治 著

関連リンク

アーカイブ